書店流通サービス

あなたの本が書店に並びます

当社で自費出版した本を、書店で販売するサービスも行っています。日販・トーハンなどの取次会社(卸会社)を経由して、石川県内を中心に北陸3県の主要書店へ配本することができます。書店との取引形態には、大きく分けて「委託」「注文」「買切」の3通りがありますが、当社では通常「委託」によって配本します。
※他社で制作した本の持ち込みは受け付けておりません。

書店との取引の形態

委託

取次会社が本の性格を判断し、適している書店に配本します。委託期間は原則6カ月間で、書店は自由に返品することができます。1カ月で返品する書店もあれば、委託期間が過ぎて何カ月も経ってから返品されるケースもあります。

注文

書店が出版社に注文し配本されます。ただし、注文の場合でも書店から返品される場合があります。

買切

書店がその本を買い切ります。客注(お取り寄せ)以外は、ほとんど該当するケースはありません。

委託条件

配本部数

原則として著者の希望に沿ってお預かりしますが、最終的な配本部数は取次会社の判断に委ねられるため、ご希望に添えない場合もございます。また、配本される店舗の指定は基本的に受け付けておりません。なお、委託部数のうち、一部は注文用として当社倉庫に保管され、書店からの注文に応じて出荷します。

卸価格・配本手数料

当社への卸価格は税込定価の50%です。また、配本時には別途、配本手数料を頂戴します。
・卸価格=税込定価×50%・配本手数料=基本料金+税込定価×5%×委託部数
※基本料金は、委託条件によって異なります。

精算

原則として配本後6カ月後、9カ月後、12カ月後の3回に分けて精算します。[税込定価×実売部数×卸率50%]に相当する金額から配本手数料を差し引いてお支払いし、売れ残った部数を返本します。ただし、販促使用分や配本見本、不良本は実売数から除外します。

※なお、実際の販売数が確定するのは18カ月~24カ月後になる場合もあるため、必要に応じて追加精算を行います。その際、実売部数以上のお支払いをしていた場合は、当社から逆にご請求差し上げることもあります。

詳しくは当社担当者までお問い合わせください。